HACOMO 暮らしといっしょに育つ箱

CONCEPT

暮らしが変われば家も変わる

家族構成や暮らし方は、時間の経過とともに変わるのが当たり前。でも家は?そんな疑問にHACOMOはこたえます。箱で支えるから中の間取りはとっても自由。それはつまり暮らしの変化に対応できる「変わる家」。そしてそれこそが「永く暮らせる家」でもあります。もっと自由な家と暮らしの関係、HACOMOからはじまります。

FEATURE

HACOMOはドミノ住宅工法。箱で支えるから中はとっても自由。

「ドミノ(Dom-ino)」は「ドム=いえ」と「イノ=革新的な」が組み合わせで、ル・コルビジェの創った言葉。自然エネルギーを利用し、永く住み続けられる住宅を目指したドミノ住宅が採用したのは、木造スケルトンインフィル+OMソーラでした。世代が変わっても間仕切りを自由に変えて住み続ける。中古住宅としても新たな持ち主の要望に応えられる。ありそうで無かった、そんな自由がHACOMOの魅力です。

木造スケルトン・インフィルがかなえた「自由な間取り」。

スケルトン(構造躯体)とインフィル(内装や設備)を分離した構造により、室内に必要な柱は大黒柱1~2本のみとなり、ライフスタイルの変化に応じて、間仕切り壁の撤去・増設が容易にできます。空間を用途で区切らず、暮らしのいろいろなシーンを同じ空間に重ね合わせて使いこなすことで、限られた空間に多様性と広がりが生まれます。家具だけで仕切るなんてことも。小さな家でも広く大きく暮らせるHACOMOです。

建物より寿命の短い設備も容易に取り替え・点検できる

建物本体に比べて設備類は耐用年数が短いため、保守・更新は不可欠です。室内空間だけではなく、床下空間もがらんどうになっていることで、設備の点検や更新がしやすくなっています。また、部屋の外周には電気配線を収める長押が取り付けられており、スイッチやコンセントの追加も比較的容易に行う事ができます。

経年劣化を懸念される方もいますが、木は適切なメンテナンスでとても永く使える素材です。断熱性、弾力性、吸湿性においても非常に優れた性能を持っています。そして何より人の五感に馴染む素材。ACOMOは太陽のエネルギーとともに、季節を感じる家。素材選びも人と建物が健康に暮らすための大切な要素です。

FEATURE

太陽の恵みで快適な室内環境を。

HACOMOはZEH(ゼロ・エネルギー住宅)を実現するために、OMクワトロソーラーを標準装備。太陽熱と太陽光のエネルギーを利用し、「暖房」「発電」「給湯」「換気」の4つの機能を果たすハイブリッドソーラーシステムで、屋根に集まった熱を利用して、空気循環で家中を温めたり、お湯をつくるなどCO2を排出しない自然エネルギーを使って、快適な室内環境をつくります。

  • 冬の昼

    冬の冷たい外気を屋根に降り注ぐ太陽の熱や太陽光発電時に発生する熱を利用して温め、太陽電池で稼働するハンドリングボックス内の小型ファンの力を借りて床下に送ります。床下に送る途中でOMエアフォールを通過することで、清浄化された空気が床下に広がり、コンクリートに熱を蓄えながら室内を温めます。

  • 冬の夜

    夕方、外気温がさがり始める頃から、昼間蓄熱された床下の熱が、ゆっくりと放熱を始め、床を温めます。

  • 夏の昼

    降り注ぐ太陽により熱せられた屋根の熱は室温に影響します。これを防ぐため小屋裏の夏排気口から熱を排出します。この熱はただ排出するだけでなく、貯湯槽の水を温めることに使用します。

  • 夏の夜

    快晴の日の雲のない夏の夜は、放射冷却現象を利用して涼しい外気を室内に取り込みます。冷房ほどではありませんが、ほんのり涼しい夏の夜を、と考えられたパッシブデザインです。

PERFORMANCE

劣化対策等級3 耐震等級2以上 維持管理対策等級3 ホルムアルデヒド発散等級3 省エネルギー対策等級3
ながく住まうから長期優良住宅対応

長寿命化に関する指標

「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」をコンセプトとして国が定める「長期優良住宅」の認定を取得することができます。

環境配慮に関する指標

CASBEEによるライフサイクルCO2削減率50%以上(緑☆4つ以上)のLCCM住宅認定を取得することも可能です。
※ライフサイクルCO2(LCCO2)とは、住宅の建設から居住時、解体、処分など、住宅のライフサイクル全体でのCO2排出量のことです。
居住時のCO2排出量は、LCCO2の7割を占めており、住宅のエネルギー性能を高めて、居住時のCO2排出量を抑えることが重要です。

住宅性能に関する指標

設計時および建築完成時において右記の住宅性能等級の評価を取得しすることができます。

MODEL HOUSE

モデルハウス見学は予約制にて承っております。
お気軽にお問い合わせください。

立見建設株式会社住生活事業部

0120-255-678 お問い合わせフォーム

〒370-3511 高崎市金古町313-17